四季報記者が注目する2024年4月大化け期待の10銘柄 4月2日

投稿者: | 4月 2, 2024

キャスター <9331>
マネーフォワード <3994> と資本業務提携の検討に係る基本合意書を締結。マネフォはインキュベイトファンド2号投資事業有限責任組合などからキャスター株式39万8000株(議決権ベースで20.3%)を取得し筆頭株主になる予定。

西部技研 <6223>
EV用リチウムイオン電池製造工場向け案件2件、および省エネ対応インテリジェントビル向け案件1件の受注を獲得。受注総額は約5.8億円。

 サインポスト <3996>
24年2月期の最終損益(非連結)を従来予想の3000万円の黒字→1億2800万円の黒字(前の期は1億3200万円の赤字)に4.3倍上方修正した。販管費の抑制に加え、繰延税金資産の計上に伴い税金負担が減少したことが最終利益を押し上げた。

MS&AD <8725>
24年3月期の連結最終利益を従来予想の2800億円→3500億円に25.0%上方修正。増益率が32.7%増→65.9%増に拡大し、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。連結子会社の三井住友海上火災保険や海外子会社の業績が想定を上回る見込みとなったことが主因。