人気銘柄

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の15銘柄(5月10日)

Posted on

オーナンバ <5816>21年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比5.0倍の6.3億円に急拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の8.5億円→10億円(前期は9.8億円)に17.6%上方修正し、一転して1.8%増益見通しとなった。同時に、1-6月期(上期)の同利益を従来予想の3億円→7.5億円(前年同期は3億円)に2.5倍上方修正し、一転して2.5倍増益見通しとなった。 <4488> AIinsideNTT西日本向けに提供しているAI-OCRサービスのライセンス未使用分について、期間満了日をもって更新しないとの通知を同社から受けたと発表している。3月末時点でAI insideがNTT西日本に対して許諾しているライセンス9284件のうち、5月から6月の不更新見込み件数は合計7636件という。NTT西日本とのパートナー関係は解消しないとしているが、2022年3月期業績への影響を警戒した売りが出ている。  グローバルダイニング<7625>同社は4月30日取引終了後に、21年12月期第1四半期(1~3月)の連結決算を発表。営業損益が1億9600万円の黒字(前年同期は3億3800万円の赤字)に浮上したことが好感されているようだ。 ローランド<7944>先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は46.1億円で前年同期比4.2倍と急拡大している。つれて、上半期営業利益は従来計画の20億円から63億円、同2.4倍に、通期では75億円から108億円、前期比51.8%増に上方修正している。強い電子楽器需要が継続しており、在庫の消化なども順調に進んでいるもよう。想定外の収益拡大にポジティブなサプライズが強まる格好に。

人気銘柄

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の15銘柄(4月28日)

Posted on

日本精線 <5659>21年3月期の連結経常利益は前の期比30.2%増の26億円に伸び、22年3月期も前期比34.5%増の35億円に拡大する見通しとなった。同時に、前期の年間配当を100円→110円(前の期は80円)に増額し、今期も前期比50円増の160円に増配する方針とした。 愛三工業 <7283>21年3月期の連結経常利益は前の期比27.4%減の49.8億円になったが、従来予想の33億円を上回って着地。続く22年3月期は前期比2.0倍の100億円に拡大する見通しとなった。自動車市場の回復が追い風になるものの、原材料・半導体などの部品供給リスク懸念から、売上高はコロナ前の水準に届かない見込み。ただ、コスト低減を徹底することで採算は大きく改善する。 東エレデバ <2760>21年3月期の連結経常利益は前の期比29.4%増の46.2億円で着地。続く22年3月期も前期比10.3%増の51億円に伸び、21期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。今期は半導体及び電子デバイス事業が顧客商権の拡大を背景に好調を維持するほか、コンピュータシステム関連事業とプライベートブランド事業では新規顧客の獲得に引き続き注力する。 日本瓦斯 <8174>今期経常は4%増で2期連続最高益、実質増配へ。発行済み株式数(自社株を除く)の1.7%にあたる200万株(金額で40億円)を上限に自社株買いを実施する。また、5月20日付で198万7800株の自社株を消却する。

人気銘柄

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の15銘柄(4月26日)

Posted on

太洋工業 <6663>21年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常損益は9400万円の黒字(前年同期は3500万円の赤字)に浮上し、1-6月期(上期)計画の2000万円の赤字をすでに上回った。直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-3.4%→4.0%に急改善した。  ヤマウホールディングス <5284>21年3月期の連結経常利益を従来予想の13億円→18.5億円(前の期は11.7億円)に42.3%上方修正し、増益率が10.8%増→57.7%増に拡大し、7期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の12.6億円→18.1億円(前年同期は13.4億円)に43.4%増額し、一転して35.1%増益計算になる。 ザッパラス <3770>21年4月期の連結営業利益を従来予想の1億6000万円→3億4000万円(前期は4400万円)に2.1倍上方修正し、増益率が3.6倍→7.7倍に拡大する見通しとなった。会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した11-4月期(下期)の連結営業利益も従来予想の7400万円→2億5400万円(前年同期は7900万円)に3.4倍増額し、一転して3.2倍増益計算になる。 東製鉄<5423>2021年3月期業績は、売上高が前期比21.4%減の1414.48億円、営業利益は同77.0%減の39.95億円だった。新型コロナ感染拡大によって鋼材の販売量が大幅に縮小したほか、原料である鉄スクラップの価格上昇も影響した。なお、2022年3月期は世界的な鋼材需要の拡大が追い風になるとして、売上高が前期比56.2%増の2210億円、営業利益は同200.3%増の120億円を見込んでおり、今期急回復を材料視した展開に期待。また、発行済み株式数の1.8%にあたる自社株買いも発表している。

人気銘柄

明日1月16日の好材料

Posted on

ソフトクリエイトホールディングス <3371> 発行済み株式数(自社株を除く)の0.77%にあたる10万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は1月16日から3月31日まで。 ハウスドゥ <3457> 浜松磐田信用金庫と提携し、同信用金庫が提供するシニア世代向け金融制度のリバースモーゲージ「夢おい人生」に対する債務保証業務を行う。 アクセルマーク <3624> 東証が16日売買分から信用取引の臨時措置(委託保証金率を50%以上[うち現金20%以上]とする)を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。 シリコンスタジオ <3907> 今期経常は2.7倍増益へ。「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消。 フーバーブレイン <3927> 12月売上高は前年同月比78%増の1億1200万円。 Jストリーム <4308> 西尾レントオール <9699> が機器レンタル「eSports専用ライブ中継サービス」を展開するにあたり、映像制作機材の選定から映像システム構築までを担当。 シノプス <4428> 生活協同組合コープさっぽろと需要予測型自動発注システム「sinops-R6」を全店導入することを前提としたパイロット契約を締結。 鳥居薬品 <4551> 日本たばこ産業 <2914> がDermavant社とライセンス契約を結んだアリル炭化水素受容体(AhR)モジュレーター「tapinarof」について、JTと日本における共同開発・販売に関する契約を締結。Dermavantはtapinarofを乾癬及びアトピー性皮膚炎の治療薬として開発中。 ヘリオス <4593> 米アサシス社が欧米で実施した急性呼吸窮迫症候群に対する幹細胞製品「HLCM051」の治験投与後1年間のフォローアップ結果で良好な経過を報告。 エイジス <4659> 12月売上高は前年同月比10.7%増と3ヵ月連続で前年実績を上回った。