期待銘柄注目銘柄

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の15銘柄(5月21日)

FRONTEO <2158>
21年3月期の連結経常損益は3億3000万円の黒字(前の期は9億9200万円の赤字)に浮上し、従来予想の9700万円の黒字を上回って着地。22年3月期の同利益は前期比36.4%増の4億5000万円に拡大する見通しとなった。同時に、今期の年間配当は3円で、3期ぶりに復配する方針とした。

テー・オー・ダブリュー <4767>
年間1000件超のプロモーション成果データの集合知を活かした成果解析ツール「体験デザインエンジン」を開発。また、プロモーションのKPI設計と成果追求を担う戦略組織「顧客体験マーケティング室」を新設。

テリロジー<3356>
売上高が前期比16.1%増の47.01億円、営業利益が同104.7%増の5.40億円、経常利益が同88.5%増の5.43億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同103.9%増の4.37億円となった。

スターマイカ <2975>
21年11月期上期(20年12月-21年5月)の連結経常利益を従来予想の12.4億円→19億円(前年同期は12.4億円)に52.9%上方修正し、一転して52.6%増益見通しとなった。コロナ禍でもリノベーションマンション市場が活況にあるなか、積極的な販売戦略が奏功し、販売戸数、利益率がともに想定を上回ったことが上振れの要因。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *