習氏がアント上場中止決定 馬氏の当局批判発言引き金 | 共同通信

中国

【ニューヨーク共同】中国の電子決済サービス「アリペイ」運営のアント・グループが上海と香港の両証券取引所での新規上場を延期したことを巡り、中国の習近平国家主席が直接、上場中止を決めたことが12日、明らかになった。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が政府関係者の話として伝えた。 アントを傘下に持つ中国の電子商取引最大手アリババグループの創業者で、中国最大の資産家の馬雲氏が中国の金融当局を批判する発言をしたことが引き金となった。 同紙は「資本と影響力を持つ大規模な民間企業に対し、習氏の許容度が低くなってきたことを示している」と指摘した。

コメント一覧


mori992020/11/13
法的にはそんな権限のない首相が携帯電話の料金は高すぎると言ったら携帯キャリアの対応が始まる本邦は、この国を嘲笑する資格があるだろうか。

moonieguy2020/11/13
えっ、習近平が一言言うと上場中止まで命令できるん?

Byucky2020/11/13
コレは自民党が中共の体制に憧れるのも分かるわ。理念は違えど、ここまで愉快に動けるのは理想的すぎる。ふざけてんのか。

lli2020/11/13
どんな時でもニホンガーのハテサ、実在証明

commecco2020/11/13
でもどっかの国の、「総理大臣 (や国の偉い人) を批判することは良くないこと」だと思ってるようなセンス持ちのウスラマヌケ系人種どもなら、こういう国になっても苦にはならないんだろうね。

pyagatupa2020/11/13
このレベルでの統制や介入を行うことがマイナスになるということを彼らが理解し始めた時が、中国が真の脅威になる時だと思う。

rissack2020/11/13
共産主義を捨て習王朝の樹立を宣言し、初代皇帝を名乗っても驚かない

augsUK2020/11/13
日本人の感覚だとこれで民間みんな萎縮すると思うじゃん?でも別の会社がしめたとばかりに取って代わろうとするんだろうな~。中国人の根性はヤバい