大石昌良の本音「音楽にも物語を」草野華余子との対話 | コロナ禍が音楽業界にもたらした、唯一のポジティブな変化(KAI-YOU Premium)

あとで読む

第二回では苦難を乗り越え今のやり方へ辿り着いた二人が直面する新たな困難、そして大石昌良と並び草野華余子を救った大きな存在、LiSAについて語っていただく。 参加するはずだったイベント、開催するはずだったライブがいくつも延期や中止を余儀なくされ、音楽イベントそのものの価値が揺らぐ現在にあっても、2人は守るべきものを守るため、手を伸ばすことをやめない。 撮影:I.ITO 目次 コロナ禍において音楽家が最もしてはいけないこと 音楽を続けさせてくれた環境を守りたい 平等にはできない、それでも 日常が戻るその裏で LiSAと出会えていなかったら音楽を辞めていた 我が生涯に…… コロナ禍において音楽家が最もしてはいけないこと ──世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大は、エンタメ業界にも大きな影響を与えています。 大石 やることが変わってもいいし、名義を分けてもいい。今一番いけないのは、音楽を辞めるこ

コメント一覧


KAI-YOU2020/11/12
「コロナ禍において音楽家が最もしてはいけないこと」とは?