コロナ感染を責めれば「かえって感染広まる」 政府分科会が偏見・差別で報告書 – 毎日新聞

記者会見で報告書について説明するワーキンググループ座長の中山ひとみ弁護士=2020年11月12日午後4時39分、島田信幸撮影 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会「偏見・差別とプライバシーに関するワーキンググループ」(座長・中山ひとみ弁護士)は12日、感染者らに対する差別の事例やその防止策をまとめた報告書を公表した。報告書は「感染を責める行為は検査や受診忌避を呼び起こし、かえって感染が広まる本末転倒の事態を招く」と指摘。情報の公表はまん延防止に資するものに限るなど、情報公表に関する統一的な考え方を整理するよう政府に求めた。 ワーキンググループは9月以降、病院や学校の他に日本新聞協会などから意見を聞き、医師ら8人が差別の実態を議論してきた。感染者情報は都道府県によって公表範囲にばらつきがあり、中山座長は記者会見で「必要以上の公表は差別につながりかねない。公表すべき情報は何か、大きな指針を

コメント一覧


nuara2020/11/13
自治体や報道機関が公表した情報を拾って全国感染状況分析用データ作ってる (つまり公表されない属性は分析できない) というアホな現状をまずなんとかすべきでは

remcat2020/11/13
怪しくても黙って仕事続けてる人多いと思うよ。

tsubasanano2020/11/13
自治体や報道機関が公表した情報を拾って全国感染状況分析用データ作ってる (つまり公表されない属性は分析できない) というアホな現状をまずなんとかすべきでは

mutevox2020/11/13
同じクラスター発生でも学校名は出るのに会社名は出ないでしょ?もう学校名出すのやめましょうよ。それと、しつこいくらい「それは人権侵害です」と言い続けないと。

2020/11/13
“中山座長は記者会見で「必要以上の公表は差別につながりかねない。公表すべき情報は何か、大きな指針を出すべきだ」と述べた。内閣官房と厚生労働省は今後、国としての考え方を整理して公表する”