「都構想」が否決されたのに、条例化で再び大阪市の財源を奪おうとする維新(HARBOR BUSINESS Online) – Yahoo!ニュース

大阪

11月1日の都構想住民投票で否決された直後の会見では、吉村洋文知事(維新副代表)は三度目の住民投票は目指さないと明言 11月1日の投開票で否決された大阪都構想(大阪市廃止と4特別区への移行)が、1週間もしないうちに形を変えて復活し始めた。 維新副代表の吉村洋文知事は11月6日の会見で、広域行政一元化(二重行政解消)に関する条例案を来年2月議会に提案するという意向を表明。大阪市が府に成長戦略などの業務を一部委託すると同時に、財源も移すべきと訴えた。「仕事と財源は当然セットだ」とわざわざ強調したのはこのためだ。 否決された住民投票直後の会見で、吉村知事は「三度目の住民投票は目指さない」と断言していたため、大阪府に比べて豊かな大阪市の財源は守られると思われていた。ところが、都構想否決の民意を骨抜きにして、再び大阪市の“財布”に手を突っ込む新たな“目玉政策”を維新は打ち出してきたのだ。 これまでは

コメント一覧


ken-skatan2020/11/13
pic.twitter.com/CR0BJEuwDs @hiroyoshimura @gogoichiro もう感染爆発といえるほどなのに無策で、制度いじりしか関心が無い #維新はいらない

prna792020/11/13
山本太郎・れいわ新選組代表は、「(都構想は)大阪府による大阪市への2000億円のカツアゲ」と財源移譲の弊害を訴えていた。維新はどうしても大阪市の財源がほしいようなのだ。

goadbin2020/11/13
もはや「維新狩り」した上で、関係者や信者は抹殺しないといかんな!

tuzuraori2020/11/13
“しかし大阪市民の中には「条例で二重行政解消ができるのなら、何十億円もかかる住民投票をやる必要はなかった」「都構想否決の結果を骨抜きにするもの」という呆れた声が広がっている。”

chako002020/11/13
是非はともかくこれが本当にできるんだったら住民投票なんてやらなくてよかったのでは?

mouseion2020/11/13
監視と情報拡散が重要。これからも手を変え品を変え金をむしり取ろうとしてくる。コロナ禍のショックドクトリン的な火事場泥棒には要注意が必要だね。

kiku722020/11/13
山本太郎・れいわ新選組代表は、「(都構想は)大阪府による大阪市への2000億円のカツアゲ」と財源移譲の弊害を訴えていた。維新はどうしても大阪市の財源がほしいようなのだ。

2020/11/13
二重行政をなくすと言って100億円もの大阪市民に使われるはずだったサービスを大幅カットして都構想なんてくっだらない事に無駄金使われて否決されたら嫌だまだ大阪市の金湯水の如く使い倒したいとやる気なのか。