学術会議、批判も含めた議論に意味が 広田照幸・日本教育学会長に聞く:朝日新聞デジタル

あとで読む

日本学術会議の会員候補6人が任命されなかった問題で、人文・社会科学の200以上の学会が、任命拒否の理由を説明し、会員に任命するよう求める共同声明を出した。とりまとめる「人文社会系学協会連合連絡会」の事務局を担当するのが、日本教育学会長の広田照幸・日本大学教授だ。任命拒否の理由に正面から答えず、「学… この記事は会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。 こちらは無料会員が読める会員記事です。月5本までお読みいただけます。 こちらは無料会員が読める会員記事です。月5本までお読みいただけます。 この記事は会員記事です。

コメント一覧


quelo42020/11/12
「学問の自由」は学者の特権ではなく、社会全体の自由に関わる。ときの政治に都合のいい説を唱える学者ばかりになってしまった社会では「言論・報道の自由」が空洞化。国民一人ひとりの「思想・信条の自由」を脅かす