「透明性高めてきた」「世界のアカデミーの懸念事項」 学術会議会見詳報 – 毎日新聞

politics

記者会見する日本学術会議の梶田隆章会長=東京都港区の日本学術会議で2020年11月12日午後4時37分、岩崎歩撮影 日本学術会議の梶田隆章会長は12日に記者会見し、菅義偉首相が学術会議の会員選出方法などを「閉鎖的で既得権益」と批判したことについて、「可能な限り透明性を高めて、学術会議の会員構成をいいものにしていこうと今までやってきた」と反論した。菅首相が任命を拒否した新会員候補6人についても、選出方法について定めた日本学術会議法に基づき任命するよう改めて求めた。任命拒否問題に関連して開いた記者会見は、10月29日に続いて2回目。学術会議側は会員の年齢、性別の構成や所属大学などのデータを示して現状を説明した。詳報は以下の通り。【科学環境部 岩崎歩、柳楽未来】 梶田会長「6人の任命を引き続き求めていく」 梶田会長 前回の記者会見で、会員任命問題に端を発した学術会議に関するさまざまな議論がなされ

コメント一覧


POPOT2020/11/13
研究者は実績残すまでは時間がかかるのが普通なので年齢構成については年配が多くなるのは当然。年齢構成についてバランス取れと言うのは頭おかしい

tekitou-manga2020/11/13
「元々、大学に属する研究者は比較的若いときは自分の研究に没頭して、ある程度の業績を上げるところまでがんばるのが普通だ」そういう仕事は一線から引いた奴がやる。

hobbiel552020/11/13
見出しの「「世界のアカデミーの懸念事項」」がG.J! 自民党の内弁慶ぶりは恥ずかしいからさっさと任命しろ、で終了。なおNHKラジオでも同様の報道。

hide_nico2020/11/14
若手研究者で学術会議の会員なりたい人なんてほぼいないだろうね。シニアがやってくれてる、という類のものでは。

kiyotaka_since19742020/11/13
"国際学術会議からも懸念の声が出ている"

dangs2020/11/13
理系と文系の研究者数の比率から考えると文系の会員数が多すぎる問題についてはどう思ってるの?

deep_one2020/11/13
“活動を行っても、いわゆる研究者としての研究業績としては評価されない場合がほとんどだ。このため、特に若い研究者に学術会議に参加して活動をお願いすることが、本当に望ましいことなのかはきちんと考える必要が

2020/11/13
見出しの「「世界のアカデミーの懸念事項」」がG.J! 自民党の内弁慶ぶりは恥ずかしいからさっさと任命しろ、で終了。なおNHKラジオでも同様の報道。