「年の差恋愛」は人権擁護の立場の批判が「エイジズム(差別)」になる”ポリコレ・オフサイド”が頻発する案件 – INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

差別

まず、最初のニュースは…「娘の友達」という漫画が今度6巻が出るらしいが、5巻の段階で既に80万部突破だというご報告。 物議をかもす「娘の友達」、80万部突破つまり1巻あたり16万部……この前、書店で見た記録があるんですが、このレベルだと、相撲でいえば小結か前頭筆頭ぐらいまで、会社でいえば課長ぐらいまでの出世。 もう、すでに映像化のオファーとかが普通に来ててもおかしくないぐらいのようです。 m-dojo.hatenadiary.com 娘の友達(1) (コミックDAYSコミックス) 作者:萩原あさ美発売日: 2019/08/08メディア: Kindle版 娘の友達(6) (コミックDAYSコミックス) 作者:萩原あさ美発売日: 2020/11/11メディア: Kindle版 そんな中「年の差婚」という、そのものずばりのドラマができるんだそうで。 npn.co.jp 年の差婚【単行本版】 1巻

コメント一覧


toro-chan2020/11/13
気持ち悪いと「思うこと」と気持ち悪いと「言うこと」は峻別する必要があるからなあ。年の差婚はいまだと後者も許容されているけど、それもエイジズムと考えるなら後者も許容できないものとされていくのかな。

minamihiroharu2020/11/13
結局は「黒人は気持ち悪い」って言って許されるかどうか、ってのと等価な話になるはずだよね

coffeeglass2020/11/13
全ては『今の自分のお気持ちが絶対正義』なだけ

magnitude992020/11/13
相手が未成年の時は、確かに人権問題として批判できる。しかし相手が1日でも成年を過ぎたら、どんな年齢差の恋愛・結婚であっても「気持ち悪い」とか言ったらその人はエイジズムの差別者。微妙なもんですネ。

tikuwa_ore2020/11/13
女は何歳になったら自己決定権がもてるんだろうか?

chimairav2020/11/13
気持ち悪いって言うのは「娘の友達」の中でもキーになってて、6巻で父親から友達への好意を告白された娘は嘔吐してる。

noemi_itoh2020/11/14
お互い成人してれば外野がごちゃごちゃ言う問題じゃないよね。LGBT気持ち悪いというのと同じで差別発言だと思う(内心思うのは自由だけど)

tableturning2020/11/14
「娘の友達」は「中年おっさんとJKの年の差恋愛漫画」ではなく、「中年おっさんがサイコパスJKに人生を侵食されるサイコホラー漫画」なんだが、読んでないヤツほど前者の妄想で批判してるのどうにかならんのか。