「不可欠な歴史に光を」谷垣禎一元法相、訴訟記録を語る:朝日新聞デジタル

歴史

自民党の総裁や幹事長を歴任し、自転車事故で政界を引退した谷垣禎一(さだかず)氏(75)が、訴訟記録などの公文書の保存と公開をめぐり、朝日新聞記者のインタビューに応じた。 陸軍の青年将校がクーデターを起こそうとして首相官邸などを襲撃した2・26事件に関する軍法会議の記録を、法相として東京地検から国立公文書館に移管すると決めた谷垣氏。公文書館の審査がこの9月にすべて終わり、全67冊の記録が一部を除き公開され、谷垣氏は「どういう立場に立つにせよ、事件の事実関係がどういうものであったかは、いろんな形での検証、たびたびの歴史的検証に値する」と記録公開の意義を語った。 また2・26事件に限らず、重要な刑事・民事の訴訟については判決だけでなく、訴訟記録そのものを公文書館に移管していくべきだとも提言した。 谷垣氏は2012年12月に法相に就任して間もなく、麻布中学時代の同級生、香田忠維(ただつな)氏(75

コメント一覧


iinalabkojocho2020/11/13
2・26事件に関する軍法会議の記録を、法相として東京地検から国立公文書館に移管すると決めた谷垣氏。公文書館の審査がこの9月にすべて終わり、全67冊の記録が一部を除き公開された

kechack2020/11/13
マトモな保守が増えて欲しい。 歴史が証明するってなら公文書を残そう。民主主義の根本。いや歴史の根本。

2020/11/13
2・26事件に関する軍法会議の記録を、法相として東京地検から国立公文書館に移管すると決めた谷垣氏。公文書館の審査がこの9月にすべて終わり、全67冊の記録が一部を除き公開された