離陸直前の航空機で新型コロナウイルス感染を匂わせた男の裁判、懲役10月を求刑。千葉地裁 | スラド idle

日本

あるAnonymous Coward 曰く、千葉地裁で11日、離陸直前の航空機で客室乗務員に対し「俺、陽性だけど大丈夫」と話しかけ、新型コロナウイルスに感染していることを匂わせた男の判決が行われた。この男の発言により航空機は出発を約1時間15分遅らせたという。求刑は懲役1年に対して判決は懲役10月・執行猶予3年となった。千葉地裁の佐々木公裁判官は「新型コロナウイルスの脅威につけ込む卑劣な行為」と述べたとしている。 情報元へのリンク すべて読む | idleセクション | 犯罪 | idle | 関連ストーリー: 迷惑系YouTuberが39℃の熱があるのに日本横断を実行。接触者も新型コロナ陽性と判明 2020年07月17日 新型コロナ関連の迷惑メールが大きく増加 2020年04月22日 韓国が新型コロナ感染による隔離者に監視腕輪の着用を求める、性犯罪者向けの「足輪」を連想させることから批判

コメント一覧


triggerhappysundaymorning2020/11/13
まともな弁護士つかなかったのか.「新型コロナ」って言ってないならどうにでもなったと思うが(馬鹿だからさっさと嫌がらせでしたって自供してる可能性もあるけど).