「アートか否か」は、当人が言い張れば、あとは運と勢いと力関係で決まる【仮説】 – INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

芸術

www3.nhk.or.jp ・・・・・・・京都大学で先月開かれた、縄で人を縛ることをテーマにしたシンポジウムで、着物姿の女性を縛るようすを実演し、動画をインターネットで配信していましたが、大学は内容に不快感を示す意見が寄せられたことから、公開を取りやめました。 先月24日に京都市左京区の京都大学で開かれたシンポジウムは、縄で人を縛る「緊縛」をアートとして紹介しようと京都大学文学研究科の教授が企画したもので、学生などおよそ80人が出席しました。 会場は文学部の講義室が使われ、この中で男性が実際に着物姿のモデルの女性を縛るなど、およそ30分にわたって実演が行われました。 シンポジウムの様子は、動画投稿サイト「YouTube」で配信され、海外で話題になるなどして、50万件以上のアクセスがありました。 一方で、この動画を見た人から「女性を軽視している」とか、「これは学問なのか」など不快感を・・・

コメント一覧


kingate2020/11/12
違う。当人が言い張れば全てアート。ただ社会的に許されるかどうか、美しいか否かは別問題。

rotting_corpse2020/11/12
「アートか否か」とアートとしての優劣は分けて考えた方がいいかも。自分としては前者の議論は実質的に無意味であり、「人間のあらゆる営みはアートであり得る」という前提で優劣だけを問題にするのが理想と思ってる

hiroyuki19832020/11/12
ArtとArtificial(反:Natural)が語源が同じなので、そこから考えた方が楽。あと Aesthetics(美学)とも切り離し、金額も切離して考えるの推奨/平たく言うとこの辺フジタが崇拝する 真=善=美 は成り立ってないと考えるといい

paravola2020/11/12
まずは本人が思えば最小評価のアート。本人死後、誰かが残して人類が引き継いでいけば評価されたアート。

udukishin2020/11/13
作り手が東京藝大出身かどうかで決まるぞ。多摩美とかだと微妙

for-my-internet-demo2020/11/12
ギャラリーフェイク、アニメでも見ていました。フジタのアウトローながらもアートへの情熱が印象的でした。最近ではアートの重要性が認識されつつありますので、久々にコミックスを読み直してみようかと思います!

mopx2020/11/12
「ブラックボックス展」の痴漢騒動で散々議論になった話と同様。アートや芸術を主張するのは自由だけれども、免罪符にはならない

maccyanori2020/11/14
社会教条主義のはてなー共の予想通りのコメントに嗤う。そうだな。優劣(笑)気に入らない作家がいたら殺しに行ったらどうだ?筋が通るぞ(笑)