RCEP、15日署名へ 自動車など関税削減・撤廃:朝日新聞デジタル

日中韓とインド、豪州、ニュージーランド、東南アジア諸国連合(ASEAN)の16カ国による自由貿易圏構想「東アジア地域包括的経済連携」(RCEP(アールセップ))をめぐり、インドを除く参加15カ国は11日、閣僚会合を開いた。合意に向けた閣僚間での調整はほぼ終わり、15日の首脳会合では正式に合意し、協定に署名する見通しだ。 RCEPが発効すれば、インドを除く15カ国でも世界の人口の3割、国内総生産の3割を占める巨大経済圏が生まれる。日本にとっては最大の貿易相手国の中国と3位の韓国との初めての自由貿易協定になる。域内では多くの関税が削減・撤廃され、知的財産などの共通ルールができるため、経済活動が活発になることが期待される。 この日の閣僚会合はテレビ会議形式で開かれ、日本からは梶山弘志経済産業相が出席。冒頭、議長国ベトナムのアイン商工大臣は「今日まで多くの障害や課題を通り抜けてきた。私たちはついに

コメント一覧


hahnela032020/11/12
“日本が輸入する農産品への関税の撤廃率は、対中国で全体の56%、対韓国で49%と、環太平洋経済連携協定(TPP)の82%より低い水準にとどまる見通しだ。”消費税(非関税障壁)廃止を叫ぶ方達は何処の下僕だろう。