中学校則「下着は白」、教員が目視で確認…弁護士会「明らかな人権侵害」 – ライブドアニュース

人権

2020年11月13日 9時7分 ざっくり言うと 中学校の校則の見直しに向け、佐賀県弁護士会が提言書をまとめた 中学生へのヒアリングでは、教員が下着を目視で確認していると判明したそう 県弁護士会憲法委員会の弁護士は「明らかな人権侵害だ」と指摘している 下着は白、マフラー禁止、髪形のツーブロック禁止――。 中学校のの見直しに向け、弁護士会(富永洋一会長)が、判断基準などを示した提言書をまとめた。13日に県教委に提出し、県内各市町教委や県PTA連合会にも送る。(森陸) 提言は3項目。「規制の目的と手段(指導)が合理的なものか」との基準を示したほか、「子どもの権利を明言すること」や「策定・改定の際に子どもが関与できる仕組み作り」からなる。 提言書は、県弁護士会憲法委員会(東島浩幸委員長)が中心となって作成した。今年4〜10月、情報公開請求で収集した中学校22校(県立4校、佐賀市立18校)の校則を

コメント一覧


Sarutani2020/11/14
これを職場の同僚にやったら同性が相手でも屈辱的なパワハラだと分かりそうなもんだろうに…。立場が対等じゃない子供相手だと常識的な感覚がマヒするんだろうか。