「新しい生活様式」 ~消毒液に潜む危険性について考える~(山中龍宏) – 個人 – Yahoo!ニュース

diary

新型コロナウイルス感染症の流行下の生活で、いろいろな場で「消毒」が行われるようになった。公共施設や文化施設、商業施設などの入口にはスプレー式の消毒薬が設置され、入館・入店時に使用することが求められている。 そのような中、「子どもの事故予防地方議員連盟」幹事長の矢口 まゆ町田市議会議員から下記のような相談があった。 2人の子ども(共に未就学児)を連れて空港を利用した際、ターミナルビルのエレベーター前に置いてあった消毒液が子どもの目に入りました。子どもの身長は94cmです。咄嗟に目を瞑ったので、ほとんど入っていないと思われますが、ほんの少し入っただけでも痛いようです。 消毒液は手をかざすと自動で出てきます。大人の肘の高さから斜め下に向かって噴射します。小さな子どもが手をかざした場合、間違いなく子どもの顔に直撃します。 空港内には、ここ以外にも複数の場所にまったく同じタイプの消毒液があり、設置さ

コメント一覧


mfluder2020/11/14
うちもスーパー入り口の消毒液で下の子の顔にかかって泣かれたなあ。なので、できるだけ備え付けの消毒薬は使わず、持参したアルコールジェル使ってる。近所の薬局スーパーほとんどスプレー タイプなんだよな。

mike472020/11/14
新しい日常の新しい注意点(子供目線)

rocoroco33102020/11/14
消毒しなくても家に帰ってきた時とか食べる前に手を洗えばいいと思う

cankyan2020/11/14
うちもスーパー入り口の消毒液で下の子の顔にかかって泣かれたなあ。なので、できるだけ備え付けの消毒薬は使わず、持参したアルコールジェル使ってる。近所の薬局スーパーほとんどスプレー タイプなんだよな。

yubasu2020/11/14
確かにあの高さは子供にとって危険だね。それはそうと、オッサンの僕は消毒液で手荒れが酷いことになってるよーん。?

prna792020/11/14
子供が来る場所に「消毒液を置かない」が正解だろう

2020/11/13
“一般成人が「手を差し出して消毒する」という動作に対応した位置に設置されているが、小さな子どもにとっては、ちょうど顔面に噴霧される位置となる。” 消毒剤の噴霧はダメだということを改めて注意喚起しよう。