経済制裁に苦しんだキューバでは「トランプからの解放」に市民が歓喜 | クーリエ・ジャポン

経済

オバマ政権下の2015年に米国との国交を回復し、経済制裁が緩和されたキューバ。トランプ政権下でふたたび厳しい制裁と数多くの措置の対象となったが、バイデン勝利によりオバマ宥和外交への回帰が期待されている。地元メディアの反応をまとめた。 「トランプからの解放」 注目に値するのはキューバの大統領ミゲル・ディアス=カネルがバイデンとハリスの勝利に祝意を伝えたツイートがそれなりに友好的だったことだ。 「今回の大統領選挙で米国の人民が新しい針路を選んだことを確認しました。お互いの違いを尊重する建設的な二国間関係の可能性を信じます」 Reconocemos que, en sus elecciones presidenciales, el pueblo de EEUU ha optado por un nuevo rumbo. Creemos en la posibilidad de una relac

コメント一覧


aa_R_waiwai2020/11/13
去年キューバ行ったんだけど、経済制裁でものが入ってこないから物資不足がきつい的なのは少し聞いたことがある。また行きたいなあ。

dominion5252020/11/14
そもそも共産党の一党独裁となってる国に、融和的であることが、リベラル的と言えるんだろうか。

quick_past2020/11/13
去年キューバ行ったんだけど、経済制裁でものが入ってこないから物資不足がきつい的なのは少し聞いたことがある。また行きたいなあ。

2020/11/13
フロリダってバティスタみたいな、キューバから逃げてきて商売やってるキューバ人しか思い浮かばないんだよなあ。CANFは共和党と急接近してたしなにしたいのやら