公明大阪府本部の佐藤代表が引責辞任 都構想再否決受け 後任は石川参院議員 – 毎日新聞

毎日新聞

大阪都構想の住民投票の告示日に、大阪維新の会代表の松井一郎大阪市長(左)、維新代表代行の吉村洋文大阪府知事(右)と一緒に街頭演説する公明党府本部の佐藤茂樹代表=大阪市中央区で2020年10月12日、平川義之撮影 「大阪都構想」を巡る住民投票の否決を受け、公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表(衆院議員)は14日の府本部大会で、代表を引責辞任する意向を表明した。後任には、代表代行の石川博崇参院議員が就任することが決まった。複数の公明関係者への取材で判明した。 関係者によると、佐藤氏は辞任理由について「都構想が否決された時に辞意を固めた」という趣旨の説明をしたという。 佐藤氏は2009年10月に府本部代表に就任。15年の住民投票では都構想に反対した公明は今回、賛成に転じて大阪維新の会と連携して運動を展開した。告示後の山口那津男党代表の大阪入りや支持母体「創価学会」への協力要請などを積極的に働きかけたの

コメント一覧


toronei2020/11/14
結局なんで反転したのか支持者への説明せずに逃げただけで、引責じゃないよね。逃亡辞任って名付けたほうが良くね。次回の選挙にはでない党職を全部辞すくらい言わないと。

mutinomuti2020/11/14
引責辞任自体はする分だけ維新よりマシだが、所詮党内の話だしなぁ。これで大阪市内の学会の人らと国政選挙で共闘する自民が納得出来ると思う?

sander2020/11/15
もう自民は公明に衆議院の選挙区を譲るの止めたら?

kechack2020/11/14
結局なんで反転したのか支持者への説明せずに逃げただけで、引責じゃないよね。逃亡辞任って名付けたほうが良くね。次回の選挙にはでない党職を全部辞すくらい言わないと。

2020/11/14
引責辞任自体はする分だけ維新よりマシだが、所詮党内の話だしなぁ。これで大阪市内の学会の人らと国政選挙で共闘する自民が納得出来ると思う?

2020/11/14
公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表(衆院議員)は14日の府本部大会で、代表を引責辞任する意向を表明した。後任には、代表代行の石川博崇参院議員が就任することが決まった