血中アルコール濃度を3倍早く下げる方法、カナダの研究チームが発見 – Engadget 日本版

生活

カナダUniversity Health Network(UHN)の研究者らが、急速に血中アルコール濃度を下げるための非常にローテク・ローコストな方法を発見しました。 通常、人が摂取したアルコールの90%は、肝臓でのみ一定の速度で排出されます。そのため、急激に大量のアルコールを摂取してしまった場合は急性アルコール中毒に陥り、昏睡状態に陥ったり最悪は死に至ることもあります。 UHNの研究チームを率いるジョセフ・フィッシャー博士は、このアルコールを排出するための身体機能として肺に着目しました。ご存じのとおり、飲酒者の肺から体外に排出される呼気にはアルコールが含まれています。そのため、フィッシャー氏は呼吸を早め過呼吸状態にさせれば、より多くのアルコールを体外へ放出できると仮定しました。 ただし、過呼吸はその度合いが強くなるにつれ手足や唇が痺れ、呼吸困難、ふらつき、息苦しさなど危険な状態に陥ること

コメント一覧


dada_love2020/11/14
アルコールの呼吸!一の型 過呼吸!

pecorietta2020/11/14
アル中歓喜!!

nmcli2020/11/14
年末にかけて必要なやつ…まあコロナで無くなるだろうけど…

gendou2020/11/14
ほお

style_blue2020/11/14
アルコールの呼吸!一の型 過呼吸!

2020/11/14
ほほーって事はビニル袋口に当ててスーハーすればちょっとはいいのかな? 呼気のアルコールで酔っちゃうか。