ゲーム『天穂のサクナヒメ』売り切れ続出、“令和の米騒動”と話題 全農、業界紙も注目(オリコン) – Yahoo!ニュース

*あとで読む

ゲーム『天穂のサクナヒメ』のプレイ画像 (C)2020 Edelweiss. Licensed to and published by XSEED Games / Marvelous USA, Inc. and Marvelous, Inc. 12日に発売された新作ゲーム『天穂のサクナヒメ』(PS4、Nintendo Switch)。“稲を育てる”和風RPGで、その米作り(稲作)が本格的過ぎることからネット上では「ガチすぎる」「農林水産省の公式HPが実質的な攻略wiki」と話題になったが、さらに、「サクナヒメどこ行っても売り切れなんだけど」「4軒回ってようやく見つけた…」「令和の米騒動だ」と、店頭販売のパッケージ版の売り切れが多く報告されている。 【プレイ動画】どんなゲーム?アクション満載で米づくりでキャラ強化 同ゲームは、鬼が支配する「ヒノエ島」を舞台に豊穣神サクナヒメが大暴れし、縦横無

コメント一覧


Nunocky2020/11/14
みんなまだそんなにパッケージ買ってるの…さっさとダウンロードすればいいのに

sevenspice2020/11/14
みんなまだそんなにパッケージ買ってるの…さっさとダウンロードすればいいのに

mouseion2020/11/14
最初に情報出たときはPCのみだったな。マルチプラットフォーム対応になり発売まで時間もかかったけどしっかしとしたパブリッシャーもついて色々大正解なゲームだね。

prna792020/11/14
元々在庫が少なくて置いてなかったんだろうな。コンビニにサンデーが置かれなくなったのと同じだな。

2020/11/14
「農林水産省のサイトが攻略wikiになるほどリアルな稲作だと聞いたがまさしくその通りだと思う」「サクナヒメ4店舗まわったけどみんな売り切れ! 大飢饉ですよwww SwitchもPS4も全て売り切れ もう米騒動ですよ…」