サブカルはどこへ消えたか|小野ほりでい|note

文化

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 や 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。 たかだか十数年前まで、私たちはSNSやTwitterの「いいね」だの「フォロワー数」が何の意味もない幻だと”熟知”していた。しかし、そのたった十数年の間に、そこには信じられない速度で”意味”が付与され、一部ではもはやそれを除いては他に何も意味をなさないと言わんばかりに扱われるものになった。 意味のないものに意味が付与されるのに伴って、それまで意味を持っていた”何か”がその意味を喪失するという事態にも私たちは遭遇した。たとえば”サブカル”と略されるもの―――つまりかつてアニメやオタク文化までを含んで包括されていたメインストリームに抗う文化群のうちから、

コメント一覧


nakatakex2020/11/13
サブカルという「メインストリームでないこと自体をアイデンティティとした人達」ならば、何も楽しむものを持たず世を拗ね人を妬む可哀想な中高年になりましたよ。オタクがああいうものだったことは一度もないです。

kingate2020/11/14
創作者は自分が作りたいものを作るべきだし、私はその意をできるだけ汲み取りたい。「いいね」や貨幣価値等の尺度で測られるのは全く楽しくない

confi2020/11/14
正直「隠れているもの(正規表現としてのオカルト)」になっていくことが喜ばしい。バカコモディティに触れられ、動画配信者の承認装置に成り下がるのは不愉快だ。

brightsoda2020/11/14
最近のサブカルって「ハセカラ」じゃないの?まあこれも古くなったんで次のものがもうあるのかしらんけど。やってることは昔と変わらず良識に対する挑戦だし

otihateten35102020/11/14
正直「隠れているもの(正規表現としてのオカルト)」になっていくことが喜ばしい。バカコモディティに触れられ、動画配信者の承認装置に成り下がるのは不愉快だ。

yota30002020/11/14
安倍ぴょんの勝手うちで踊ろうコラボに注目しながらイデオロギーが人気取りにとっての究極のコンテンツなのを見落としてる人の文章は信用できない

memorystock2020/11/14
コミュニティの一生コピペに同意する人らがいっぱいいたのに「オタクがそういうものだったことは一度もない」ってすごいわね

2020/11/14
SNSのごく一部の機能を指して嘆くのも良いけど、個人的には案外昔と変わってないように見える。昔を過大評価してるだけな気もする。