バイデン政権の米国がMMTを採用すれば世界が迷惑する理由 | 重要ニュース解説「今を読む」 | ダイヤモンド・オンライン

経済

経済評論家。1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関係の仕事に従事。2005年に銀行を退職し、現在は久留米大学商学部教授であるが、ダイヤモンド・オンラインへの寄稿は勤務先とは関係なく個人の立場で行なっているため、肩書は経済評論家と表記した。著書は『経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体』(河出書房新社)など、多数。 重要ニュース解説「今を読む」 めまぐるしく変化する世の中で、あふれる情報に付いていくだけでも大変だ。そこで、押さえておきたい重要ニュースを日本興業銀行(元みずほ銀行)の調査部出身で久留米大学商学部教授の塚崎公義さんに分かりやすく解説してもらう。 バックナンバー一覧 バイデン前副大統領の当選が確実となった模様の米大統領選。インフレ発生時にそれを加速しかねないMMT(Modern Monetary Theory、現代貨幣理論)は

コメント一覧


ChieOsanai2020/11/15
経済学のマスターどころかバチェラーの知識もない人やん

API2020/11/14
よくここまでめちゃくちゃな記事が書けるな。

aliliput2020/11/13
冒頭一段落目から盛大に間違っていて読む価値がない。