2020米大統領選:エルビスゆかりの独・米軍基地、トランプ氏が翻弄 バイデン氏当確でも残る課題 – 毎日新聞

博物館には、かつて米兵の一人としてドイツに駐留したエルビス・プレスリーの人形と、実際に演奏したピアノが展示されている=ドイツ南部グラーフェンウェアで2020年10月30日、念佛明奈撮影 「ラブ・ミー・テンダー」「好きにならずにいられない」などで知られる米国のロックスター、エルビス・プレスリー(1935~77年)がかつて米兵の一人として駐留していた米軍基地が、ドイツ南部の森の中にある。トランプ米大統領(74)は今年7月、駐独米軍の削減を発表。対して米大統領選での当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領(77)はこれを見直す構えだ。米軍基地の町は米国の政権交代に翻弄(ほんろう)されている。【フィルゼック(ドイツ南部)で念佛明奈】 「明日から北大西洋条約機構(NATO)軍のグループの宿泊が入って、クリスマスまで部屋は埋まっています」。ドイツ南部バイエルン州にあるグラーフェンウェア訓練場の南にあ

コメント一覧