ゲーム『天穂のサクナヒメ』売り切れ続出、“令和の米騒動”と話題 全農、業界紙も注目 | ORICON NEWS

農業

12日に発売された新作ゲーム『天穂のサクナヒメ』(PS4、Nintendo Switch)。“稲を育てる”和風RPGで、その米作り(稲作)が本格的過ぎることからネット上では「ガチすぎる」「農林水産省の公式HPが実質的な攻略wiki」と話題になったが、さらに、「サクナヒメどこ行っても売り切れなんだけど」「4軒回ってようやく見つけた…」「令和の米騒動だ」と、店頭販売のパッケージ版の売り切れが多く報告されている。 【写真】その他の写真を見る 同ゲームは、鬼が支配する「ヒノエ島」を舞台に豊穣神サクナヒメが大暴れし、縦横無尽な爽快アクションが楽しめるもの。ゲーム内に「米づくり」があり、田起こし、田植え、収穫など一つひとつの工程を丁寧に行い良い米を収穫すると、豊穣神サクナが強くなるシステムだ。 「米づくり」がゲーム攻略に重要な要素となっており、「田起こし」「種籾選別」「田植え」「使役動物」…とリアルな

コメント一覧


shira0211tama2020/11/14
自分はすぐ遊びたかったらDL版買うんだけど。そんなにパッケージ欲しいか?

sgtnk2020/11/14
これはビジュアルブックがついてくるのでパッケージ版がほしいです

h1roto2020/11/14
何故DL版を買わないのか。

asiamoth2020/11/14
インディー開発で新規タイトル(シリーズ物でない)となると小売はほとんど仕入れないだろうからなぁ、インディーはパッケージ版が無いこともザラ/パッケージ版は+2千円の限定版にビジュアルブック付き(通常版にはなし)

id7772020/11/14
農業新聞の取り上げ方が目に浮かぶようだ

tettekete375642020/11/14
おま値に歯ぎしりしながらsteamで買った。そういうところだと思う。

hapilaki2020/11/14
まあ、売れたのは良かったが、「米作りゲームが売れる日本ってスゴイ!」と、日本スゴイネタに利用する者も現れそう…。

okamenma2020/11/14
母親の郷が農家かつ、幼い頃にお手伝いしていた、リアルを経験した自分がこのゲームをPLAYしたら仕事そっちのけでどハマりするのは目に見えているので、仕事が落ち着いたら購入します!(笑)