文部科学省の若手職員、博士課程の課題探る作業グループ設立 | 大学ジャーナルオンライン

大学

文部科学省の若手職員で構成する「科学技術ワクワク挑戦チーム」が博士課程の課題と対策を検討する作業グループを設けたことが、オンライン会議で開かれた中央教育審議会大学分科会に報告された。 文科省によると、科学技術ワクワク挑戦チームは2019年12月、若手の有志職員が中心になって部局横断的な課題について検討する目的で設立された。科学技術イノベーション政策とその進め方については、7月に文部科学相へのプレゼンを終え、8月に報告書を公表している。 科学技術ワクワク挑戦チームで博士進学について検討したのをきっかけに、博士課程の学生を取り巻く研究室環境に関して議論が必要との機運が盛り上がり、文科省内若手職員による作業部会「エアーブリッジ」を新たに設置、大学院生を含む現場関係者と幅広く議論しながら、意見収集と政策立案を進めることにした。 研究室には研究資金や将来の職の不足など以前から指摘されてきた問題がある

コメント一覧


buu2020/11/14
研究しなくちゃいけないのは文科省じゃなくて厚労省。

ymntt2020/11/14
“科学技術ワクワク挑戦チーム”