カモノハシは紫外線で青緑に光る、目的は不明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

生物

カモノハシに紫外線を照射すると、毛皮が青緑に光るという生物蛍光の特徴が発見された。写真は論文に掲載されている合成画像の一部。生物蛍光の「本物」の色を再現するため、黄色のフィルターが使用されている。(PHOTOGRAPH COURTESY OF JONATHAN MARTIN/NORTHLAND COLLEGE; FROM ANICH ET AL. 2020) 「地球上で最も奇妙な動物」。そう呼べるいくつかの特徴が、カモノハシにはある。 哺乳類でありながら卵を産み、後ろ足の爪から毒を分泌する。ビーバーのような尾と、カモのようなくちばしを持ち、夜に目を閉じて泳ぎながら、くちばしで獲物を感知する。(参考記事:「カモノハシが太古から変わらない理由」) この奇妙な特徴リストに、このほど新たな項目が加わった。発光する毛皮だ。 10月15日付けで学術誌「Mammalia」に発表された論文によれば、肉眼で

コメント一覧


at_yasu2020/11/14
意味が無い場合もあるのかな。

welchman2020/11/15
なんだろ…たまたま青だったっていう気がするこれは…

bokmal2020/11/14
意味が無い場合もあるのかな。

2020/11/14
“カモノハシは紫外線で青緑に光る、目的は不明” 動機については黙秘しており警察は慎重に捜査してるみたいな言い方