「暴君」書評 無法で無能な統治者は自滅する|好書好日

思想

暴君 シェイクスピアの政治学 (岩波新書 新赤版) 著者:河合祥一郎 出版社:岩波書店 ジャンル:新書・選書・ブックレット なぜ国家は繰り返し暴君の手に落ちるのか? 暴君と圧政誕生の社会的、心理的原因を探り、絶対的権力への欲望とそれがもたらす悲惨な結末を見事に描いたシェイクスピアが現代に警鐘を… 暴君 シェイクスピアの政治学 [著]スティーブン・グリーンブラット 「混乱の時代に頭角を現し、最も卑しい本能に訴え、同時代人の深い不安を利用する人物」、それが暴君だ。「統治者としてふさわしくない指導者、危険なまでに衝動的で、邪悪なまでに狡猾(こうかつ)で、真実を踏みにじるような人物」であるにもかかわらず、国全体がそのような暴君の手に落ちてしまう。暴君はあからさまな嘘(うそ)をつくが、いくら反論されても押し通し、最後は人々もそれを受け入れてしまう。ナルシシストである暴君は法を憎み、法を破ることに喜び

コメント一覧


mayumiura2020/11/15
まさに。私も昨日は《マクベス》幕切れの勝利の合唱三昧でした!“「混乱の時代に頭角を現し、最も卑しい本能に訴え、同時代人の深い不安を利用する人物」、それが暴君だ。//今こそシェイクスピアを読み直すべきかも

roseknight2020/11/14
ルマンチサンを煽って将来不安を利用する奴に政治を仕切らせても碌なことが無い。暴君は周囲への猜疑心故に自滅の道を歩む。イデオロギー的な闘争は民主主義を破壊する。無党派保守層の団結こそが今の日本に必要だ。