ゼロトラスト時代のスマートセキュリティを実現する4つのテクニックと3つのツール 【世界のエンジニアに学ぶ】 | 一般社団法人 日本CTO協会

security
security

日本CTO協会は「技術」を軸に規模や業種の異なる様々な人や組織が集まっているコミュニティです。会員は本社団の活動内容、調査テーマについて参加、提案し、他の技術者・技術組織とともに成長する機会が得られます。ご興味のある方は法人会員向け申し込みフォームからお問い合わせください。 突然ですが情報漏洩時にかかる平均的な被害総額はいくらだと思いますか? “Cost of a Data Breach Study 2020” によると答えは約4億933万円だそうです。コロナ禍におけるリモートワークの普及により、「情報漏洩を特定から食い止めるまでの時間が長くなる」、「被害の対応コストが増える」と回答した者は70%を超えており、情報セキュリティ対策の重要性が高まっています。最近では行政もセキュリティ強化に着目しており、日本政府は壁を一度突破されるとリスクが大きい「境界型」のセキュリティからゼロトラストアーキ

コメント一覧


ozuma2020/11/13
「漏洩/漏えい」の表記揺れとか、文章に日本語としておかしい部分が多過ぎとか色々ひどい。作文技術を舐めすぎだよ。ちゃんとプロの編集を入れた方がいい