「Apple M1」でMacの性能が大きく伸びたワケ Intel脱却計画に課される制約とは? (1/3) – ITmedia PC USER

apple
apple

Appleは日本時間の11月11日にオンラインイベントを開催し、独自設計の「Apple M1」チップとそれを搭載する「MacBook Air」「13インチMacBook Pro」「Mac mini」を一挙に発表した。発表直後から注文を受け付けており、翌週に販売を開始する。 この発表はAppleにとって特別なものだ。なぜならパソコンメーカーとして始まったAppleが、初めて「全てのアーキテクチャを自社で設計するパソコン」を作ったからだ。 これまではシステムの中心となる部品を他社に依存してきた。これはAppleだけでなく、全てのパソコンメーカーがそうだ。あのIBMでさえ、CPUは他社に依存していた。 しかし、AppleはiPhoneやiPadを段階的に自社製SoC(System on a Chip)の「Apple Silicon」にしたのと同じように、Macでもアーキテクチャの全てを自社のコン

コメント一覧


yota30002020/11/12
とりあえずワクワクしたのでポチッとしました! 人柱として頑張ります

chako002020/11/12
仮想化のサポートはあるよねやっぱり/スケーラビリティには確かに難がありそう。来年以降の新機種がどうなるか見守りたい。

tarotheripper2020/11/12
最大RAM 16G の時点でちょっとね…次世代待ちかな

myr2020/11/14
“UMAで性能を出すには、各処理回路が共有するメモリ帯域が十分に広くなければならない。M1がメモリのDRAMをSIP (System in Package)の形で1つのパッケージに封入しているのは、メモリへの帯域を最大化するためだと推察される”

impreza982020/11/13
AppleさんのIntel/AMD寡占脱却を素直に喜べない理由、中共に屈するAppleさんはユーザーに修理メンテさせてくれない、iCloudサーバーもMacbook製造iPhone製造も中国、となるとCPUも中国製。5Gは中共独裁支援。M1CPU要らないよね。

takinou02020/11/13
いわゆるイノベーションのジレンマに真っ向から立ち向かっていく、時価総額世界2位の超大企業のAppleがどうなっていくのか、これから見ものですな。

weakref2020/11/13
スマフォアプリがどんくらい動かせるのか気になっているので買ってみた。

quick_past2020/11/12
Thunderbolt 3 × 4ポートのモデルが無いのなんでや、と思ったらそういう話か