Goの良さをまとめてみた

golang

よく知られる良さ ネイティブコード出力で実行効率が良い コードの可読性を重視している 開発でよく使うツールがバンドル クロスビルドが簡単にできる コンパイルが遅くない(LLライクにrunできる) 並行処理の抽象化を組み込み言語仕様にもつ メモリ安全である 上記の一部に解説を加えつつあまり言及されない良さを以下にまとめます。 依存解決が最小限で決定的 https://zenn.dev/nobonobo/articles/81f24d31bfebff6cd0e3 ここにも書きましたが、Goの依存解決は常に 最小限のダウンロード 最小の範囲でのみビルドを実行 だけが走ります。これを一度体験すると、従来のパッケージ依存管理が冗長で余計なものをビルドしすぎることに気づくでしょう。これらに相当の時間を奪われているのです。 また、Goモジュール機構によりそのバージョン選択は決定的に安定動作するバージョン

コメント一覧


iselegant2020/11/13
ゴーファーくんがかわいい

a2ikm2020/11/13
“Goの真骨頂はさっくり9割だせてもっと処理性能が欲しいのなら環境に投資して引き上げることができる「マルチコアスプレッド性能」があること”

y_yuki2020/11/14
少し読んだけど、ポイント抑えられていていい感じにまとまっていると思います

digo2020/11/13
“Goの真骨頂はさっくり9割だせてもっと処理性能が欲しいのなら環境に投資して引き上げることができる「マルチコアスプレッド性能」があること”

2020/11/13
ゴーファーくんがかわいい

2020/11/11
(自分にとっては)まず初期学習コストの低さと可読性かな。