地銀再編へ補助金 政府、システム統合費用を支援  :日本経済新聞

銀行

政府は地域金融機関の再編を促すための補助金を2021年夏にも創設する。地銀や信金が合併・経営統合に踏み切った場合は、国がシステム統合などの費用の一部を負担する。統合1件あたり最大で30億円程度になる見通しだ。日銀も金融支援策を示しており、厳しい経営が続く地銀の再編を連携して支援する。 政府が地方の金融機関向けに補助金を設定するのは初めて。「資金交付制度」と名付ける。菅義偉首相は就任前から地銀の再…

コメント一覧


NOV19752020/11/13
システム共同化は結構進んでるけど別にそれは経営統合の話ではないし、統合自体には融資シェアでNGだしたりもしてたでしょ。なんかフォーカスがずれてる気がするんだよなあ。

mkusunok2020/11/13
自治体情報システムの再編を考えるにあたって、20年近く前の地銀システム統合はしっかりと勉強しておく必要があると思うのです。業務標準化も含めて現場が乗り越えてきた苦労、共同化しながら分断している現実とか

hagakuress2020/11/12
護送船団もリストラかぁ。。

suzx2020/11/12
#メモ保存