検査例外再考 – Qiita

java

検査例外はJavaで導入された例外に対する興味深い機構です。Javaで導入された当初、検査例外は多くの人々に素晴らしい解決策だと思われました。しかし、最近のメジャーなJVM言語で検査例外をサポートする言語はありません。JVM言語でなくとも、メジャー言語で検査例外をサポートするプログラミング言語は2014年現在1つとして存在しません*1。 何故検査例外は普及しなかったのでしょうか。結論から言えば、Javaの検査例外を用いた例外設計があまりにも難しく、ほとんどの組織にとって設計コストがペイ出来なかったためだと思われます。Javaの検査例外は例外というレイヤーで各々の処理を結びます。この時、別々の抽象度をある単一の例外で結んでしまうと、問題が発生します。つまり、抽象度の異なる処理同士を結びつけるたびに、その差異を吸収する独自例外表現が必要になります。この設計判断は不可能ではないものの、かなり難し

コメント一覧


baronhorse2020/11/13
最後まで読みたかったシリーズ

murishinai2020/11/13
何の解決にもならないのだけど "public type metName() throws super Exception" みたいな、責任を上に全丸投げする構文があったらなとか思ったりした。当時のサンプル e.printStackTrace() で握り潰すのばかりで非常に良くなかったと思う。