「Apple M1」でMacの性能が大きく伸びたワケ Intel脱却計画に課される制約とは? (2/3) – ITmedia PC USER

本田雅一のクロスオーバーデジタル:「Apple M1」でMacの性能が大きく伸びたワケ Intel脱却計画に課される制約とは? (2/3) M1のスペックは1つだけ 熱設計で動的に変化するパフォーマンス さらに、M1が他のパソコン用プロセッサと異なる点は、たった一つのモデルしかないということだ。クロック周波数やターゲットとする熱設計で複数の異なるモデルが存在したりはしない。 GPUのコア数が7つに制限されている(歩留まり上、そうした部品が出るものと推察される)MacBook Airのエントリーモデルを除くと、全てのM1は単一仕様でクロック周波数の表記はない。 これは最大の動作クロック周波数は全て同じ(公開されていないため実機で計測する他に知ることはできないが、iPhoneやiPad Airよりも高いことは間違いない)だからだ。より正確にいえば、下限も含めて動作クロック周波数の範囲は同じとな

コメント一覧


tattyu2020/11/12
“M1が他のパソコン用プロセッサと異なる点は、たった一つのモデルしかないということだ。” その割にはMacOSバグだらけなんだけど。