Appleは独自設計の「M1」チップに切り替えて当然だった? – iPhone Mania

CPU
CPU

現地時間の11月10日にオンラインで開催されたイベントで、Apple独自設計の「M1」チップ搭載の新型MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniが発表されました。Appleはこれまでモバイル端末に自社製のAシリーズチップを搭載してきましたが、AppleとIntelそれぞれのムーアの法則の曲線を見ると、MacにApple製チップを採用するに至ったのは非常に自然な経緯であったことがわかります。 Intelと比べてうなぎ上りだったAppleチップのパフォーマンス AnandTechの調査により、Apple製プロセッサのパフォーマンスは過去5年間で198%改善されたことが明らかになりました。一方Intelは、同じ時間枠の中でわずか28%パフォーマンスを向上させるにとどまりました。 「Appleの過去数年間のパフォーマンス改善の軌跡と、疑いの余地のない実行力をみると、Apple

コメント一覧


icloudy2020/11/13
当然も当然. Intel 最速プロセッサより更に 3 倍, GPU に至って現行最速 GPU より更に 6 倍高速. 作れる技術があるなら作らない理由が無いからな.