グーグル、IBMも農業スタートアップを支援。気候変動などの苦境を乗り越えるアグリテック最新動向 | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア

開発
開発

人類史上、最も長い歴史を持つ産業である、農業。生きるために必要な「食」を担うエッセンシャル産業であるが、気候変動や環境変化の影響を直に受け、マンパワーに大きな負担がかかる難しい分野でもある。それゆえ人間は知恵を絞り、農薬開発や温室栽培など、その時代の「最適解」を導き出してきた。 近年は、農業分野にもデジタル・トランスフォーメーション(DX)の波が押し寄せ、テクノロジーを利用した農業「アグリテック(AgriTech)」が注目されている。AIやロボティクス、バイオテクノロジーを使って「持続可能な農業」を目指そうという動きも世界中で活発化している。 本記事では、世界で進む「農業DX」と注目のアグリテック企業について紹介する。 「農業の情報格差問題」に挑む学生スタートアップ IBMが主催するテックスタートアップコンペ「Call for Code Global Challenge」 農業の難しさの一

コメント一覧