E-A-Tの仕組みをGoogleの特許から読み解く |SEO Japan by アイオイクス

SEO
SEO

品質評価ガイドラインが公開されて以降、YMYLやE-A-Tは、SEOにおける大きな注目点でありつづけています。にわかに改善することは難しく、一夜にして大きな効果を得ることは不可能でしょう。 SEOのハックの手段として調査する意味はほぼないと言えますが、長期的な戦略やGoogleの考えを推測する上で、E-A-Tについて詳細を知ることはプラスになると思います。 今回は、Googleの特許について深い知識を持つビル・スラウスキ氏との共作によるE-A-T分析の記事をSearch Engine Journalより紹介いたします。 E-A-Tが検索に与える影響の全てを知る術はないが、Googleの特許を見ることで、Googleのアルゴリズムの能力を理解することができる。 E-A-TがSEOについての議論の中心を担うようになって以来、多くの都市伝説や誤解が生まれてきた。 また、我々の業界の誰しもが、理解

コメント一覧


tinpui8932020/11/13
結局はっきりわからないようだけど、Googleに専門家として登録することで順位がぐんと上がっているのはなんとなくわかる。本業と異業種のアフィサイトだと伸びが違う。

ONOYUGO2020/11/13
“E-A-TはSEOにおける、不明瞭な領域だ。” ←ぶっちゃけ、E-A-Tをハックすることは不可能だと思うよ。

s-supporter2020/11/13
・オーサーベクトルで特定 ・音声や動画でも著者、専門家を特定 ・ナレッジグラフ以外も認識 ・経歴やオンラインで言及された場所へのリンク ・特定のクエリは権威性の高いWebサイトのみを見ているかも ・構造化データ