脆弱性レジリエンスを高めるための Clean Architecture | yamory Blog

ソフトウェアデザイン
ソフトウェアデザイン

ソフトウェアを開発するときに、気軽に OSS ライブラリを導入していませんか? OSS ライブラリは大変便利なものですが、ライブラリをプロジェクトに導入することは、そのライブラリが依存する他のライブラリを導入することにも繋がり、脆弱性のリスクを高めることを意味しています。 一方で、OSS 利用に伴うリスクを避けるために OSS を使わないという選択は、開発工数を増加させビジネススピードの低下に繋がるため、本末転倒な選択だと言えるでしょう。 OSS を利用してビジネススピードを確保しつつ、脆弱性のリスクを抑えるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。 このバランスを取る方法として、脆弱性は必ず発生する前提に立ち、脆弱性への対応力「レジリエンス」を高めるアプローチがあります。 本記事では、脆弱性レジリエンスを確保するためのアーキテクチャを解説します。 なおこの記事は、ScalaMatsuri

コメント一覧