東京ドーム7個分! 巨大データセンターを千葉に建設、大和ハウスの狙い (1/2) – ITmedia NEWS

データセンター
データセンター

大和ハウス工業が10月から、千葉県印西市の「千葉ニュータウン」内で巨大なデータセンターを建設中だ。総延べ床面積は約33万平方メートルで、東京ドーム約7個分に相当する。この施設を使ってどんなビジネスを始めるのか。 総敷地面積が23万5000平方メートル、総延べ床面積が約33万平方メートル――大和ハウス工業は10月から、千葉県印西市の「千葉ニュータウン」内で巨大なデータセンターの建設を進めている。総延べ床面積は東京ドーム約7個分に相当し、日本トップクラスの規模になる見込みだ。 工事は段階的に進めていて、全ての建物が完成するのは2030年の予定。敷地内には15棟のデータセンターを建てるだけでなく、最大1000MWの電力を供給できる超高圧変電所(東電パワーグリッドが運営予定)も誘致する力の入れようだ。 戸建て住宅やマンション、商業・産業用施設など、不動産の建設や運用を幅広く手掛ける大和ハウス工業だ

コメント一覧


yogasa2020/11/13
フフフ。データセンター建築実績がないので他事業者にヒアリングに行って門前払いにあったり、データセンター協会に慌てて加入したりで業界内では苦笑されていることはテナント候補のクラウド事業者には秘密だよ。

ohaan2020/11/14
倉庫みたいな簡素な箱立てれば、チャリンチャリンだと思って参入したんだろうか?半分は正しいけど半分は正しくないよね。

Wafer2020/11/13
一般論としてオペレーション含めての設計だと思うが。。(データセンター詳しくないけど

quabbin2020/11/13
これは不安しかないな。冷却等の設備が時代遅れになったら誰も借りてくれなくなるリスクをどう考えているのか…。門外漢が取り組んでいいビジネスとは思えん。

wdoomer2020/11/13
この施設を使ってどんなビジネスを始めるのか…ってあるから、画期的なビジネスモデルなのかと思ったらデータセンターやるだけじゃないか

cartman02020/11/15
印西って沼地っぽい地名だなと思ってたけど台地にかかっててそこにDC建ってるのね。しかしハウスメーカーのDCってなんか不安やね。

kenchan32020/11/14
近いうちに起きると言われ続けている首都直下地震が待っているのに、そんな所に建設して大丈夫か?

takaBSD2020/11/14
台風で停電して復旧に時間かかってなかったっけ、千葉