トヨタ中間決算での豊田章男社長の発言に「テスラを理解していない」という指摘 | EVsmartブログ

自動車
自動車

トヨタ自動車の『第2四半期決算説明会』に豊田章男社長が出席。質疑応答でテスラを評した発言について、アメリカの『CleanTechnica』が「トヨタの社長はテスラとその使命を理解していない」と指摘しています。どういうことか? 電気自動車ユーザーの視点で整理してみます。 中間決算への社長出席は「異例」のこと 2020年11月6日、トヨタ自動車株式会社の『2021年3月期 第2四半期決算説明会』が開催されて、第2部の「社長スピーチおよび質疑」に豊田章男社長が出席しました。 スピーチの内容は、香川編集長でおなじみの『トヨタイムズ』でも『速報 トヨタ中間決算 異例の社長出席』という記事で報じられています。自社メディアでありながら「異例の」という外から見た風タイトルにできるあたりが、トヨタイムズのメリットなんでしょうね。あと、「トヨタイムズ」とタイプしてみて、このメディア名はトヨタを語る時にしばしば

コメント一覧


usi44442020/11/14
いや、全然正しいよ。指摘は合ってる。日本の自動車メーカーはテスラをバカにして10年遅れた。同じことはAmazonでもNetflixでも起きてた。

Ingunial2020/11/14
携帯電話からスマホに移行するときと同じ空気感がある。

beerbeerkun2020/11/14
ただのプロパガンダサイトのイチャモンだった。真正面から反論せず、菅ってるだけ。これが正しいと思っちゃう人は詭弁に弱いので詐欺に注意した方がいい

impr112020/11/14
トヨタは水素燃料電池車ミライの2代目を年内にリリースする。水素ステーションの整備など課題は多いが、余剰の再生可能エネルギーで水を電気分解して水素を貯めて使う、という未来もトヨタは見ている。

skel2020/11/14
トヨタがやってる研究とか知らないのだろうかと一瞬思ったけど、テスラと違ってマスコミ相手に大々的な発表しないせいか。研究開発費もトヨタ>ホンダ>テスラだし(そのせいか自動運転レベル3製品化も先越された)。

tohshindainokawaisa2020/11/14
車屋の王道としてきっちりやってるじゃん。テスラが車屋になるつもりがないなら戦う意味すらない

Mr-M-H2020/11/14
既存の概念を捨てないと。これはAmazon、Facebook、YouTube、Netflix、Spotifyが出てきた時と同じだ。このままじゃ喰われる。

nlogn2020/11/14
テスラはクルマではない。ソフトウェアアップデートをカタに取って中古を売れもしないので。クルマメーカーではない。