ヨコハマの食卓を支え続けた“知る人ぞ知るローカル製麺所”、それが「丸紀」だ – メシ通 | ホットペッパーグルメ

gourmet

消費社会において、大量の商品を供給し続ける大手メーカーの製品は、いつでもどこでも不自由なく手に入れることができ、ありがたいものである。その一方で、大量生産はかなわないが、大手にはないこだわりや独自性によって生き残り続ける中小メーカーもまた、消費者の購買意欲を掻き立てる。 横浜にある製麺所「株式会社丸紀」も、そんな魅力的な中小企業の一つ。麺文化が深く根付いたこの街で、大手メーカーに負けじと50年以上、市民の食卓を支え続けている。 茹で麺のそば・うどん、ラーメンから蒸し焼そば、最新作の「横浜ナポリタン焼そば」まで、バリエーション豊富な総合麺メーカーだ。 今回は、そんなローカルの製麺所が地道に刻んだ歴史と、新たな展開について取材し、紹介していく。 昭和の面影残す本社工場を取材! ▲横浜市港北区にある丸紀の外観 横浜市営地下鉄ブルーライン・新羽駅から綱島方面へ歩き、鶴見川沿いの住宅街の中にたたずむ

コメント一覧


Ayrtonism2020/11/13
インタビューだけじゃなく実食もしてて掘り込みがすごいなーって思って読んでたら、ナポリタンガチ勢みたいなライターさんだった。人選も攻めててすごい。

dominion5252020/11/13
横浜で40年近く暮らして来て恥ずかしながら社名も存じ上げなかったんですが商品見たら確かに見覚えある!本当に根付いていたんだなあ。

tsubasanano2020/11/13
「2009年より『日本ナポリタン学会』会長として、横浜を中心にナポリタンの面白さを発信する」(著者プロフィール)なるほど、こっちから目を付けたっぽいな。好きなテイストの記事。

ryu_goma2020/11/13
丸紀のこだわり。使用する粉を厳選する、季節によって配合を代えて品質を保つ、効率ばかりを求めず手打ちをするなどひと工程増やすことでいい商品につなげている。

2020/11/13
「2009年より『日本ナポリタン学会』会長として、横浜を中心にナポリタンの面白さを発信する」(著者プロフィール)なるほど、こっちから目を付けたっぽいな。好きなテイストの記事。

2020/11/13
インタビューだけじゃなく実食もしてて掘り込みがすごいなーって思って読んでたら、ナポリタンガチ勢みたいなライターさんだった。人選も攻めててすごい。

2020/11/13
丸紀のこだわり。使用する粉を厳選する、季節によって配合を代えて品質を保つ、効率ばかりを求めず手打ちをするなどひと工程増やすことでいい商品につなげている。

2020/11/13
横浜で40年近く暮らして来て恥ずかしながら社名も存じ上げなかったんですが商品見たら確かに見覚えある!本当に根付いていたんだなあ。