若手アニメーターが訴える過酷な労働環境。興行収入トップ独占のアニメ界、ファンから待遇改善求める声も | ハフポスト

労働

若手アニメーターが訴える過酷な労働環境。興行収入トップ独占のアニメ界、ファンから待遇改善求める声も 「いったい自分はアニメの何が好きだったのか、何故この業界にしがみついているのか…時々わからなくなるようになりました。心も身体も時間もお金も全て余裕がない」 10月16日に公開された映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。社会現象となり、11月9日に発表された最新の興行収入では、公開24日間の興行収入は204億8361万1650円を記録。興行通信社の調べによる歴代の興行収入ランキング(邦画・洋画含む)で、『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年公開)の203億円を超えて5位となった。 邦画のみのランキングだと3位に入り、5位までをアニメ映画が独占している。 10位中でも8作がアニメ映画だ。アニメの人気ぶりが分かる一方で、ファンたちからは、日本のアニメーターを取り巻く労働環境の過酷さを心配する声

コメント一覧


e_3102020/11/12
監督の平均年収見ても、ちょっと辛いな。

T-anal2020/11/12
日本人経営者等にそれを期待するのは難しいだろうな

ds202004052020/11/12
需要があって売上伸びても、現場の最前で働いてる人の待遇が一切改善されないのはアニメ業界に限らないからなあ。介護然り、運送然り、IT然り。

out59632020/11/13
どこが中抜きしてるんですかねぇ

BRITAN2020/11/12
需要があって売上伸びても、現場の最前で働いてる人の待遇が一切改善されないのはアニメ業界に限らないからなあ。介護然り、運送然り、IT然り。

2020/11/12
日本人経営者等にそれを期待するのは難しいだろうな

2020/11/12
監督の平均年収見ても、ちょっと辛いな。

2020/11/12
“原画をもとにカットを描く「動画」は125万円、「第二原画」が131万円と低くなっている”←平均年収がコレとは異常だな…