新型コロナの影響で飲食業が厳しいのは売上減のためだけではない。 – Everything you've ever Dreamed

よみもの

僕は食品会社で働く営業職のサラリーマン。新型コロナ(COVID‐19)感染拡大で客数・売上が減って飲食・外食が大打撃を受けているけれども、地味にダメージを受けている衛生対策について、「どうにかならないかな…」と思うところがあったので残しておく。 社員食堂(製造業)の受託案件で、そのクライアントA社は事務部門の一部がテレワークになっているが、新型コロナの影響では食数は微減といったところ。食数はランチタイムで平均300食。喫食時間は11:30~13:00 座席数は300強。A社と協議のうえ決められた新型コロナ対策は1)アルコール消毒等衛生対策の徹底 2)密を避けるための喫食時間の延長 11:00~14:45 3)喫食スペース(テーブル)へのアクリルボードの設置(管理は弊社)であった。これらを徹底してくれれば、社員にも働きかけて食数維持は約束するという話であった。はじめての試みなので、様子を見な

コメント一覧


messymind2020/11/12
社員食堂に限れば利用する社員に使用前後に消毒させる運用じゃダメだったのかな(検討してないとも思えないけど)。利用者が限定的でコミュニケーションが取れるのでルールを教育出来るのが社食のメリットかと。

dazz_20012020/11/12
シンプルに言うと、産業としての成立基盤を破壊されつつあるよね。

pottiri2020/11/12
書きました!新型コロナで飲食店を売上減と共に圧迫する衛生対策の見落としがちなコストについて書きました。飲食店を救うのは安全と安心は無料サービスという意識を改めるしかないと僕は思う。

minimalgreen2020/11/12
ごもっともなお話です 衛生対策分を販売価格に転嫁したお店は寡聞にして存じません やった途端つぶれてる気もします

medihen2020/11/12
不思議なんだけど、なんでアクリルボード使ってるの?塩ビの方が安いのに。透明度は落ちるけどさ。

cotenpan2020/11/12
コストアップを販売価格に転嫁できなくなったのって昔からなのかね?値段上げれば文句言われて売上下がるからと大手は量減らすとか、零細個人は提供側が泣きながら値段を維持

kokorosha2020/11/13
街の飲食店について、値上げして存続してくれた方がありがたいと思っているし、そう思っている人も多いと思うけど、お店としてはお客さんが減っているところで値段を上げるのは怖いだろうね……。

osugi3y2020/11/12
中性洗剤か塩素系漂白剤のほうが安くて効果あるのにな(´・ω・`)