トランプはホワイトハウスを去った後、「国家機密」を漏らさずに我慢できるのか | クーリエ・ジャポン

トランプ

ドナルド・トランプ大統領はその任期中、アメリカの機密情報を選別して漏らしてきた。自分を利するために政敵の攻撃に使ったこともあれば、外国政府を脅す、あるいは感心させるために使ったこともある。結果として、アメリカの諜報能力を危険にさらしたケースもある。 そのトランプがホワイトハウスを去って前大統領になったとき、同じようにリークするのではないかと懸念が高まるのは無理もない。ゆえに、バイデン新政権は国家安全保障のジレンマに直面するだろうと、元高官やアナリストらは指摘している。

コメント一覧


otchy2102020/11/12
プーチンが終身保証付きヘッドハンティングでトランプを雇ったら、かなりやりたい放題出来るのではと、今ふと思った。

mirai_ryodan2020/11/12
"現時点で唯一の救いは、彼が(ブリーフィング)に集中していなかったことだ"

iinalabkojocho2020/11/12
当選の経緯からしてロシアの干渉があったわけだし多分死ぬまで事実は小説よりも奇なりなストーリーが待ってると思う

nagaichi2020/11/12
現役当初もトランプは米国の機密保持や諜報についてダダ漏れなセキュリティの大穴だったが、思慮も良識もゼロの彼が次期大統領を敵視していては敵対勢力にとって大ボーナスたり得るという指摘。巨大リスク過ぎる。

paravola2020/11/12
ロズウェル事件の真相を話してほしい!

hydlide32020/11/12
切迫した人間は脆く、金銭的困窮と怒りが裏切りに走らせるリスク要因と。/トランプ以後は、「あいつに核のボタンを渡していいのか」「国家機密を握らせていいのか」が大統領選における深刻な判断基準になるのかも

Yoshitada2020/11/12
ブッシュJrが大丈夫なんだから大丈夫じゃね?

kotobuki_842020/11/12
さすがに退任後のトランプが致命的にまずいことをやらかす前に、アメリカは国家の威信を守るために逮捕して終身刑にするだろ。罪状なんていくらでもありそうだし。