日本農業新聞 – おいしい米 作って攻略 神明が協力 ゲーム発売

米

種もみの選別から田植え、草刈り、収穫に至るまで米作りの全てをゲームの中で──。ゲームメーカーのマーベラス(東京都品川区)は12日、本格的に稲作を楽しめるゲームソフト「天穂(てんすい)のサクナヒメ」を発売する。大手米卸の神明グループと連携して、ソフトや米が当たるキャンペーンも行う。 「天穂のサクナヒメ」は、鬼が支配する「ヒノエ島」を舞台に、豊穣(ほうじょう)神サクナヒメが鬼と闘うアクションロールプレーイングゲーム。サクナヒメは、自ら育てた高品質な米を食べることで強くなるので、いかに良質な米を作るかが攻略の鍵を握る。 希望小売価格は4980円(税別)。「プレイステーション4」用と「ニンテンドースイッチ」用がある。発売に合わせたキャンペーンでは、インターネット交流サイト(SNS)のツイッターで「お米の神明」アカウントをフォロー・リツイートすると、新作ゲームソフトや神明グループのブランド「あかふじ

コメント一覧


agrisearch2020/11/13
『天穂のサクナヒメ』

kirishimaloda69152020/11/13
米作りゲームがあってもいいが、天皇の儀式に「新嘗祭」があるので、それと結びつけて「日本スゴイ」なんて言い出す右翼が現れたりして…。ゲーム中にそんな天皇の儀式みたいなイベントは無いと願いたいが…。