“尖閣は米国の防衛範囲”、中国「日米安保は冷戦の産物」(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

国際

アメリカ大統領選で当選が確実なバイデン氏がアメリカの防衛義務の範囲に尖閣諸島が含まれるとの認識を示したことに対し、中国政府は「日米安保条約は冷戦の産物だ」と猛反発しました。 バイデン氏は12日、菅総理と初めての電話会談を行い、菅総理によりますと、日米安保条約5条が定めるアメリカの日本への防衛義務を尖閣諸島に適用する考えを明言しました。これに対し、中国側は尖閣諸島について「中国の固有領土だ」としたうえで、猛反発しています。 「日米安保条約は冷戦の産物で、第三国の利益を損害すべきではない」(中国外務省 汪文斌 報道官) 汪文斌報道官はさらに、「地域の平和と安定に危害を加えるべきでない」と日米の動きをけん制。中国は人権問題などでも強硬姿勢を続けるとみられるバイデン氏に対して、警戒感を強めています。(12日18:26)

コメント一覧


haha642020/11/13
実際の発言がどうかは別として、バイデン政権は日米安保の枠組みを大きく外さないだろう。アメリカのトップとしては当たり前なんだけど。

mpa28352020/11/13
新たな冷戦はとっくに始まってるけどねえ。

maninthemiddle2020/11/13
実際の発言がどうかは別として、バイデン政権は日米安保の枠組みを大きく外さないだろう。アメリカのトップとしては当たり前なんだけど。

doroyamada2020/11/13
就任の挨拶で、尖閣の話をするかね?

thirty2062020/11/13
まあそれを言うと今の中国の政体も日本の政体もかなり冷戦の産物だし…

2020/11/13
中国共産党の支配も冷戦の産物の面あるけどな(熱い戦いもやっているけど、やはり東西対立の構図の中にある)。

2020/11/13
新たな冷戦はとっくに始まってるけどねえ。