米の尖閣防衛義務を批判 中国外務省 – 産経ニュース

中国

【北京=西見由章】米大統領選で当選が確実となったバイデン前副大統領が菅義偉首相との会談で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)が日米安全保障条約の適用範囲だとの見解を示したことについて、中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は12日の記者会見で「釣魚島とその付属島嶼(尖閣諸島の中国側名称)は中国固有の領土だ」と反発した。 汪氏は日米安保条約について「冷戦の産物だ。第三者の利益を損なったり、地域の平和と安定を脅かしたりすべきではない」と主張した。

コメント一覧


xlc2020/11/13
バイデンさんと菅さんの電話会談が有効だったって事が証明された形になっちゃったのね。中国側としてはこの後挑発を控えるか武装漁船を増やすか。まだ大統領が確定してないスキを狙って後者を選択する気もするが…

aramaaaa2020/11/13
日本単独の軍事力で中国の軍事力を強く抑止するのは不可能になりつつあるが、日米同盟のおかげでこうして強い抑止と平和が継続している。日米同盟を締結した先人には感謝しかない

avictor2020/11/13
こういうのは、テーマに挙げられた所から中国側の既成事実化は始まってるんだよ

daigan2020/11/13
中国側は「田中角栄-周恩来の棚上げスキームが石原の尖閣購入計画と野田の尖閣国有化で崩れた」て認識(本邦外務省筋でもこの認識はある)。以後は日本が尖閣関連でアクションするたび全部status quo破りと見られている

suisuin2020/11/13
id:mur2 記者が手を上げて、登壇者が「はい、どうぞ」って言ってる「瞬間」を切り取った写真なだけだと思うが。

aa_R_waiwai2020/11/13
中国はこう言うに決まっているので、バイデンと中国の対立は決定づけられた。管・バイデンが意図した結果かどうかは知らぬ。

muchonov2020/11/13
中国はこう言うに決まっているので、バイデンと中国の対立は決定づけられた。管・バイデンが意図した結果かどうかは知らぬ。

mur22020/11/13
米国を引っ張り込んで、尖閣を米中対立の最前線にしちゃうのは愚策だと思うけどなぁ。