稲作の描写が本格的すぎる――ゲーム「天穂のサクナヒメ」が話題 全農も反応 – ITmedia NEWS

itmedia

ゲーム開発などを手掛けるマーベラス(東京都品川区)が11月12日に発売したゲーム「天穂のサクナヒメ」が、ネット上で「稲作の描写が本格的すぎる」として話題になっている。 天穂のサクナヒメはNintendo SwitchやPlayStation 4、PCなどで動作するアクションRPGゲーム。価格は5478円(税込)から。主人公である怠け者の神「サクナヒメ」が稲作をして力を付け、農具や衣装を武器に敵と戦う。 稲作は田起こしから種籾の選別、田植え、害虫対策、稲刈り、精米まで10工程以上あり、「種籾を塩水に入れて浮いてくる低品質なものを取り除く」「天候に合わせて田んぼの水量を管理する」など本格的な作業が必要になる。同社は「日本伝統の米づくりをゲーム史上類を見ない深さで体験することができる」としている。 ネット上では「農林水産省やJAのWebサイトが攻略Wikiになる」と話題に。「農林水産省」がTwi

コメント一覧


hdkINO332020/11/13
“同社は「日本伝統の米づくりをゲーム史上類を見ない深さで体験することができる」としている。”