日米安保条約5条、北方領土・竹島は適用外 加藤官房長官が見解 – 産経ニュース

自民党

加藤勝信官房長官は12日午後の記者会見で、米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条について、北方領土と竹島(島根県隠岐の島町)には及ばないとの見解を示した。「北方領土と竹島は、現実を見れば、わが国が施政を行い得ない状態にある」と述べ、日本が実効支配できていない地域は適用対象外となり、米国の防衛義務は生じないと説明した。北方領土はロシア、竹島は韓国がそれぞれ不法占拠している。

コメント一覧


nmcli2020/11/13
そりゃそうだという話なんだが、建前まで放棄してどうするという話でもある。

Gl172020/11/13
これって明言していいやつだっけ…?

medakamaster2020/11/13
要約すれば国土を諦めたってことじゃん。将来の外交に関して相手にとても良いカードを渡した感じがあるけど大丈夫?解決ってこう言うこと?逃げ切り世代だから関係ない?

y-wood2020/11/13
いつも説明必要なことを説明拒否してるのに、こーゆーことは言ってしまうの端的に終わってる

natu3kan2020/11/13
画像がロシアや韓国に「ご自由にどうぞ」と言ってるようだ

lue48812020/11/13
結構重要な政策転換なことサラッと言ってるな。

sanam2020/11/13
私は右翼寄りだが、この官房長官は無能だと思っている。

diabah_blue2020/11/13
それを言ったらおしまいじゃないか。