稲作アクションRPG「天穂のサクナヒメ」の農業パートがガチすぎる 「農林水産省のQ&Aが攻略サイトに」「大丈夫!全農の攻略本だよ」 (1/2) – ねとらぼ

game

11月12日発売のゲーム「天穂(てんすい)のサクナヒメ」(Nintendo Switch/PS4/Steam)の農業要素がガチすぎるとTwitterで話題を呼び、同日発売のプレイステーション 5を食う勢いです。「農林水産省のQ&Aサイトが攻略の参考になる」ってどういうことだよ! 「米は力だ!」は、ゲームの全てを物語る名キャッチ 同作は豊穣神の子であるサクナが、失敗の罰として鬼が支配するヒノエ島の調査を命じられ、人間とともに暮らすアクションRPG。鬼と戦う探索パートと、稲作をする米づくりパートがあり、育てた米と探索で得た食材を料理して食べると、一時的に能力が上がるシステムがユニークです。 探索パートは横スクロールアクション。農具をふるって戦います 冒険を支える稲作。田起こしから精米に至るまでの全工程が細かく再現されている 収穫を料理してパワーアップ そしてこの稲作がかなりの本格仕様。田起や種

コメント一覧


adramine2020/11/14
「米は力だ」あ〜る君かな?