劇場中編アニメ「BURN THE WITCH」特集 久保帯人(原作者)×川野達朗(監督)対談 – コミックナタリー 特集・インタビュー

あとで読む

若くて僕が名前を知らないような方に監督をやってほしい ──制作にあたって先生とスタッフ間でかなり綿密にやり取りをしたと聞いているのですが、初めてお会いした際どのようなお話をされたのでしょうか。 久保帯人 初めて会ったとき……僕の仕事場に来ていただいたんですよね。確か去年の5月頃でしたっけ。 川野達朗 そうですね。第1話のネームをいただいたあとくらいに。ただそのときって、まだ制作も進んでいなかったのでそこまで突っ込んだ話をしたわけではないんですけど……。あっ、でもニニーたちのマントの話はしましたね。「マントは全部手描きします」って。 久保 ありましたね。ニニーたちのマントはシェパードチェック柄なんですけど、マンガでは模様だけを別で作っておいて、マントの形に沿わせて模様を貼る形で進めようと思っていたんです。「アニメもそういうやり方で作るのがいいんじゃないですか」って話をしたんですけど、「それだ

コメント一覧


msukasuka2020/11/14
師匠の女の子は好みなんだよね〜

akihiko8102020/11/13
劇場中編アニメーション「BURN THE WITCH」は、ロンドンの裏側に広がる“リバース・ロンドン”を舞台に、魔女と竜を描くファンタジーアクション。